たかだ農園って?

子どもが安心しておいしく食べられる野菜をめざして

北海道の大自然、そして農業にあこがれて、埼玉県出身の高田真平が2005年に立ち上げたのが「たかだ農園」です。ミニトマトを中心にアスパラ、かぼちゃなどの野菜を栽培。安心安全、おいしい、生産者の顔が見える野菜をモットーに日々励んでいます。

健やかな土作りから丹精を込めて

たかだ農園がある南麓郷地域は標高約400mの丘陵地で風通しがよく、野菜にとっての病害虫が少ないところです。しかし、農園の土質は、やや粘土質で固く、野菜作りに適しているとはいえません。たとえ野菜作りに適した環境や土質だとしても、おいしく、いい野菜は作れません。人が試練を乗り越えてたくましく成長するように、野菜も適度なストレスがあってこそ、おいしく成長すると考えています。野菜たちが試練を乗り越え、ストレスに打ち勝ち、おいしく成長するためには、健やかな土作りがなにより大切です。

健康な土は、元気な野菜を育てます

たかだ農園の土質は野菜作りにふさわしいとはいえませんが、その厳しい土質が野菜に適度なストレスを与え、たくましく成長し、味が濃いものになります。そして、野菜たちがストレスに負けず、のびのびと育つように、土の健康にも配慮しています。

畑の土には牛糞、木くずを主原料にした堆肥、その他カニ殻、魚かすなどの有機質肥料を散布し、化学肥料や除草剤は使いません。休閑緑肥の栽培、他の作物との輪作など手をかけて土を育て続けています。この健康な土と恵まれた自然環境によって、安全でおいしい野菜が生まれます。

あこがれの地で情熱を注げる仕事に出合う

たかだ農園の髙田真平さんは埼玉県出身。飲食業界をめざして調理師資格を取得しましたが、「食の生産現場を学びたい!」と富良野で農業研修を開始しました。

手間をかけ努力するほど野菜はおいしくなり、自分の采配で可能性も広がる農業に魅力を感じたそうです。そして志を同じくするパートナーにも出会い、2005年に就農しました。

現在はミニトマトを中心にアスパラ、かぼちゃなどの野菜を栽培。安心安全、おいしい、生産者の顔が見える野菜をモットーに日々励んでいます。ちなみに、北海道富良野市にあこがれていたのに、あのドラマのことは知らなかったそうです。

 

PAGE TOP